11月のHappy Table|料理をしながら婚活!クッキングパーティー

HOME > 一緒に Cooking! Happy Table > 11月の Happy Table

11月のHappyTable

秋の気配が増してきたこの頃。近年は10月でも半袖で過ごせる日が多く、11月に入ってからようやく「秋らしくなったね」という会話が聞こえてきます。
秋と言えば昔から「実りの秋」と言われ、夏場に太陽の光を一杯に浴び栄養を蓄えた旬の食材が美味しくなる季節です。冬の足音はもうすぐ聞こえてきます。今しか味わえない気候と食材を楽しみましょう。

11月の旬な食材

さんま

【梨】

みずみずしい梨はこの時期、老若男女に大変人気の果物です。良く出回っているのは豊水・幸水・二十世紀などで、それぞれに特徴があります。豊水はご存じ人気No.1の品種。程よい酸味と豊富に含んだ水分が特徴です。幸水はシャリっとした触感が人気で甘さも強く感じられ、夏の終わりから出荷されるため長い間楽しめます。二十世紀はつやつやした表皮と美しい色合いが人気で贈答用などにも購入されます。独特の甘さがありしっかりした果肉が特徴でしょうか。また梨にはタンパク質を分解する酵素「プロテアーゼ」を多く含んでいるので、「秋の食欲」に任せ肉類を食べすぎた方におすすめしたいデザートです。

柿

【さつまいも】

質の良いでんぷん質や糖分を豊富に含んでおり、ほくほくした食感のさつまいも。黄金色のずっしりとした実は見ているだけで食欲が湧いてきます。おやつにしても良いし、おかずにしてもボリュームが出るので食卓では大活躍です。そんなさつまいもは、美容食としても注目されています。さつまいもを切ると白い液体が垂れてきますが、これは「ヤラピン」という物質。これが腸内の環境を整え、繊維質との相乗効果によって便通を促します。また豊富に含まれるビタミンB2は皮膚や粘膜を正常に保つ役割を果たします。ぜひさつまいもを食べ、夏に疲れてしまったお肌の状態を正常に戻して下さい。

みょうが

【戻り鰹】

鰹といえば5月が旬じゃないの?と思う方が多いでしょう。しかし、秋に旬となる「戻り鰹」は北太平洋で沢山のえさを摂取し、低い水温の中を南下して来るので、初夏の鰹とは違って脂がたっぷり乗っているのが特徴です。鰹は、初夏にはさっぱり、秋にはこってりと頂けて1年に2度、違った風味を楽しめます。さらに鰹には青魚の特徴的な成分であるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が多く含まれており、血液をサラサラの状態に保ってくれたり、脳の働きを活発にしてくれたりしてくれます。またタウリンも豊富で、肝臓の機能を正常化し、コレステロールを抑制する働きもあります。

新米

【れんこん】

しゃきしゃきとした食感が特徴のれんこん。
煮物、炒め物、揚げ物など、どんな調理方法でも頂け、この時期の食卓にはマストアイテムです。決して主役ではないものの、脇役として栄養を補ってくれる食材です。ちなみに、レンコンを切ると細く糸を引きますが、その粘り気はムチンという成分、豆に含まれている栄養素と同じです。また見た目や味では分かりにくいのですが、ビタミンCも豊富に含まれており、その含有量はレモンと同等。このビタミンCはメラニン色素の働きを抑制し、シミやソバカスの増殖を抑えるので、美肌効果が期待出来ます。なお、れんこんを切りっぱなしにしておくと黒ずんできますが、これはポリフェノールが含まれているためです。

11月のHappyTable レシピ

11月の幸せいっぱいレシピをご紹介します。

梨パイ

*材料

梨・・・1個、パイシート(冷凍)・・・2枚、砂糖・・・20g、卵黄・・・1個分

*作り方

1.梨を1~1.5cm角に切る。切った梨と砂糖を鍋に入れて弱火で煮詰める。梨から水分が出ると透明になってくる。
2.梨が透明になったザルに移し、梨だけを取り出す。
3.オーブンを200℃に予熱しておく。
4.パイ地を広げたら梨を並べ、その上にパイ生地をもう1枚を重ねる。フォークでふちを抑えるようにして記事に模様をつける。中はフォークを指して穴と模様をつける。最後に卵黄をぬる。
5.オーブンに入れ、15分焼いたら出来上がり。

大学いも

*材料

さつまいも・・・1本(約400g)、サラダオイル・・・大さじ4
≪みつ≫
①塩・・・小さじ1/2、②はちみつ・・・大さじ3、③胡麻・・・小さじ2

*作り方

1.さつまいもを良く洗い、スティック状に切り、水にさらす。5分ほどしたら、ザルにあげて水けを拭きとる。
2.フライパンにサラダ油を引き、さつまいもを炒める。全体に馴染んで来たら、弱火にして蓋をし、蒸し焼きにする。時々混ぜる。
3.美味しそうな焦げ目がついたら、キッチンぺーパーで油分を拭きとる。
4.≪みつ≫を①②の順に入れ、とろりと絡んだら③を入れて出来上がり。

戻り鰹の漬け丼

*材料(2人分)

刺身用の鰹・・・250g
≪漬けだれ≫
しょうゆ・・・大さじ2、みりん・・・大さじ2、すりおろしにんにくとショウガ(チューブでも可)少々。
≪まぜごはん用薬味≫
みょうが、白ごま、大葉、ねぎなどお好みで。

1.鰹をスライスし、漬けだれに漬ける。朝漬けておき、夜に頂くのがおすすめ。
2.炊いたごはんに薬味を混ぜる。
3.ご飯の上に漬けにした鰹をこんもりと盛り付けたら出来上がり。

れんこんのきんぴら

*材料

れんこん・・・かたまり2個分、にんじん・・・1/3本、ごま油・・・大さじ1、ごま・かつおぶし・・・少々
≪たれ≫
めんつゆ・・・大さじ1、酒・・・大さじ1、しょうが汁・・・小さじ1

*作り方

1.レンコンは良く洗ったら皮をむいてスライスし、水にさらす。5分ほどしたらザルにあげ、水けを拭きとる。
2.にんじんは細切りにする。
3.フライパンにごま油を引き、れんこんとにんじんを炒める。少し柔らかくなってきたら≪たれ≫を入れて絡める。弱火にして蓋をし、蒸す。
4.れんこんとにんじんが柔らかくなったら火を止め、胡麻やかつおぶしを散らして出来上がり。

HOME > 一緒に Cooking! Happy Table > 11月の Happy Table

クッキングパーティーについて